岡崎歴史かたり人とは

徳川家康公の生誕の地岡崎の歴史遺産・観光スポットをご案内する観光ガイドです。

ご案内可能な歴史物語の代表例

家康公生誕の物語

「家康公の生誕」と母である於大との関わりを中心に物語を展開する。戦国の真っ只中に生誕した家康公には、生まれる以前の祖父・清康、父・広忠、母・於大の苦難があり、また夢もあった。松平家ゆかりの代表的な寺社を紹介しながら、家康公生誕にまつわる伝説やエピソードを語る。

モデルコース

岡崎公園伊賀八幡宮大樹寺
岡崎公園
見どころ

岡崎城の城跡を公園にし、岡崎城や三河武士のやかた家康館を中心とした歴史と文化の公園。園内には家康公生誕の史跡が多くある。産湯の井戸、えな塚などが有名であるが、龍城神社脇の「龍ケ井」から龍が天にのぼったという伝説があり、まさにパワースポットである。

伊賀八幡宮
見どころ

四代親忠による創建で、社殿は権現造、家康公による建立。戦勝祈願の神社として、家康公の先祖も戦の前にはここで必ず祈願をした。石造りの「神橋」は、南側の石鳥居と共に国の重要文化財となっている。また同様の重要文化財である「随神門」と「本殿」は全て三代将軍家光によって造られた。

大樹寺
見どころ

松平氏・徳川将軍家の菩提寺。松平八代の墓が並び、元康はここで自決しようとし、登誉上人から諭されて「平和社会への志」を持った場所であり「厭離穢土、欣求浄土」の言葉を得て、この場所から天下統一への歩みが始まった。国の重要文化財の冷泉為恭ふす間絵、歴代将軍の位牌、家康73歳の時の木像などが祀られている。また国の重要文化財である多宝塔の美しさは全国トップクラス。

家康公自立の物語

家康公が青年武将として自立を果たすまでの物語。まず、今川氏の人質として少年期(竹千代)送った家康公が14歳で元服(元信)をした後、17歳で初陣(元康)を果たすまでを語る。その後19歳で桶狭間の合戦に出陣、義元の討死で敗軍の将となった元康は、逃げ帰った大樹寺で自刃しようとするが、住職の登誉上人によって生きる意味を諭され、「厭離穢土欣求浄土」の言葉を戴く。

モデルコース

伊賀八幡宮大樹寺
伊賀八幡宮
見どころ

四代親忠による創建で、社殿は権現造、家康公による建立。戦勝祈願の神社として、家康公の先祖も戦の前にはここで必ず祈願をした。石造りの「神橋」は、南側の石鳥居と共に国の重要文化財となっている。また同様の重要文化財である「随神門」と「本殿」は全て三代将軍家光によって造られた。

大樹寺
見どころ

松平氏・徳川将軍家の菩提寺。松平八代の墓が並び、元康はここで自決しようとし、登誉上人から諭されて「平和社会への志」を持った場所であり「厭離穢土、欣求浄土」の言葉を得て、この場所から天下統一への歩みが始まった。国の重要文化財の冷泉為恭ふす間絵、歴代将軍の位牌、家康73歳の時の木像などが祀られている。また国の重要文化財である多宝塔の美しさは全国トップクラス。

松平氏進出の物語

夢を繋いだ松平一門の足跡をたどる。松平家初代親氏は、松平家の勢力拡大のきっかけをつくり、三代信光は岡崎・安城に勢力を広げた。七代清廉、八代広忠は、近臣に殺され松平一族の支配権は弱体化し、東の今川氏、西の織田氏から攻められ支配圏は縮小していく。初代親氏の天下泰平の願いは、竹千代(家康)に託された。

モデルコース

松平郷龍渓院信光明寺
松平郷
見どころ

徳川家のルーツといわれている松平氏発祥の地。ここには、松平東照宮をはじめ、松平氏ゆかりの史跡が多く残っている。松平東照宮には、徳川家康と松平氏の始祖、松平親氏が祀られている。境内には家康公が生誕した際に献上した水を汲んだ「産湯の井戸」や松平家の屋敷跡などがある。

龍渓院
見どころ

七代清康の「是の字」の意味を説いた摸外和尚が住持を務めた寺。摸外は龍海院の開山となったが、龍渓院 は後に焼失。八代広忠が祈りを込めて再建した。苔が美しく「岡崎の苔寺」と呼ばれている。

信光明寺
見どころ

三代信光が松平から岩津に進出して創建した寺院。観音堂は当時のままの建物で、「唐様」と呼ばれるこけら葺きの屋根が日本でも有数の大きさ。それを支える木組み(斗拱)の複雑さは圧巻。

※3つの物語以外のご要望にもお応えいたします。
ページトップ

まち歩きコース

①岡崎の絶景いまむかし!家康公のふるさと岡崎・城下周遊パノラマコース
(約6 km 3時間)

岡崎城下は「五万石でも岡崎様はお城下まで舟が着く」と唄われるほど舟が行き交った乙川が流れている。その川沿いの旧道を辿りながら、岡崎城周辺の旧跡・新名所を訪れる。

行程

名鉄東岡崎駅~六所神社殿橋菅生川川端石垣竹千代通り・竹千代橋八丁蔵通り八丁味噌蔵(カクキュー八丁味噌・まるや八丁味噌)三河武士のやかた家康館岡崎城天守閣~名鉄東岡崎駅
六所神社

松平家の産土神として松平家・徳川家の崇敬が篤く、現在も「安産の神様」として信仰されている神社。家康公誕生の際には、松平氏の産土神としての拝礼があったと言われている。1634年徳川三代将軍家光公によって社殿が整備された。本殿・幣殿・拝殿・楼門・神供所は国の重要文化財に指定されている。

〒444-0864 岡崎市明大寺町耳取44
殿橋

乙川に架かる殿橋。江戸時代の橋は、現在地より100mほど下流、菅生神社あたりにあった。正保2年(1645)岡崎藩主本多忠利の代にはじめて架橋された。藩主のために架けられた橋で「とのはし」。現在の橋は、鉄筋コンクリート製、昭和2年(1927)に架設されたもの。橋脚が一定間隔で並んでいる。現在、夜はライトアップが行われている。

菅生川川端石垣

菅生川では必見の川端石垣。全長400mで切れ目のない直線的な石垣城壁としては日本最長級。3箇所もの四角い突出部「横矢枡形」が存在するのは日本でも岡崎城のみ。

岡崎市乙川(菅生川):岡崎ニューグランドホテル前堤防
竹千代通り・竹千代橋

岡崎公園の南側、乙川沿いの道を竹千代通りといい、その伊賀川にかかる橋が竹千代橋。竹千代は岡崎城で生まれた家康公の幼名。竹千代通りにはかつて乙川の河川敷に御用土場(船着場)があり、三河湾から矢作川に入り岡崎城まで往来する舟が行き交った。 岡崎を舞台にしたNHK連続テレビ小説「純情きらり」のロケ地でもあり、寺島しのぶさんの手形がある。

八丁蔵通り

八丁蔵通りは、「カクキュー」「まるや」の2軒が伝統を守り続ける味噌蔵が佇む趣のある通り。明治時代に建てられた味噌蔵の黒板塀が見事に保存されている。南角にNHK連続テレビ小説「純情きらり」主演の宮﨑あおいさんの手形がある。

八丁味噌蔵

岡崎城から西へ八丁(約872m)離れた岡崎市八帖町で作られる味噌が八丁味噌。原材料は大豆、塩、水、麹のみで、二夏二冬(2年半)寝かせると栄養価の高い旨みたっぷりの味噌が出来上がる。戦国時代は陣中食にも用いられた。家康公の長寿の秘訣とも伝えられている。今も変わらない製法で八丁味噌を作る2軒の蔵元が旧東海道を挟んで建っている。創業1337年の「まるや八丁味噌」と、創業1645年の「カクキュー八丁味噌」は、切磋琢磨しながら、伝統を守ってきた。どちらの蔵元も見学可能。

カクキュー八丁味噌
〒444-0923岡崎市八帖町字往還通69番地
まるや八丁味噌
〒444-0923岡崎市八帖町字往還通52番地
三河武士のやかた家康館

松平氏の歴史、家康公の生涯、彼を支えた三河武士たちについて、史跡、文化財とともに分かりやすく説明、展示されている。特に関ヶ原の戦いのジオラマや映像は迫力満点。兜、刀、槍などの重さを体験するコーナーも楽しい。

〒444-0052 岡崎市康生町561-1(岡崎公園内)
岡崎城天守閣

別名「龍城(りゅうじょう)」とも言う。家康公生誕時に金鱗の龍が空高く立ち上ったという「龍ヶ井(たつがい)」井戸が天守の東にある。1959年に資料館として再建された3層5階建ての復興天守。日本100名城にも数えられている。

〒444-0052 岡崎市康生町561-1(岡崎公園内)
ページトップ

②三河一向一揆を辿るコース(約6km 3時間)

三河一向一揆は、家康公の家臣が寺内の兵糧米を徴収したことが発端となり、一向宗寺院が不入権の侵害を訴え、家康公に反発したため起こった。家康公の主従の関係と信仰の間で揺れ動く家臣たちが、約半年にわたり敵、味方に分かれ争う凄まじい戦いであったが、三河統一への鍵となった。戦国大名として成長を遂げた家康公の軌跡と岡崎市南部にある三河一向一揆にまつわるお寺を巡る。

行程

JR西岡崎駅〜妙源寺上宮寺〜JR西岡崎駅=<JR東海道線>=JR岡崎駅〜勝鬘寺妙国寺浄珠院〜JR岡崎駅
妙源寺

三河の浄土真宗で最も古いといわれる、高田派の寺院。太子堂(柳堂)は、正嘉2年(1258)に建立され、正和3年( 1314)に再建された国の重要文化財。松平氏より尊敬されていたことにより、一向一揆の際、家康公が難を本寺に避けたことなどにより家康公から「源」の一字を賜り、「明眼寺」から「妙源寺」と改称した。

〒444-0827 岡崎市大和町字沓市場65
上宮寺

三河一向一揆は、家康公の三河統一の試練ともなった。一揆のきっかけは、家康公の家来菅沼定顕が上宮寺から糧米を強制的に徴収しようとしたためであった。上宮寺は当時、本願寺教団に於ける三河三ヵ寺と呼ばれ、家康公に対抗した。1988年に本堂や庫裏などが全焼したが、1996年に銅版屋根の現代作りで再建された。

〒444-0936 岡崎市上佐々木町梅ノ木34
勝鬘寺

和田山あるいは寂光山といい、三河における最初の真宗道場として鎌倉時代の正嘉2年(1258)、信願房了海により創建された。三河三ヶ寺のひとつに数えられ、1563年に起こった一向一揆の本拠であった寺のひとつでもある。蜂谷半之丞らがたてこもり家康公と争ったが、数か月にして敗れた。激しい戦いの末、大伽藍も兵火により焼失し、再興された現在の本堂は1734年に建てられたもの。

〒444-0827 岡崎市針崎町朱印地3
妙国寺

家康公、秀忠公、家光公の三代に仕え「三河物語」を綴ったことで有名な大久保彦左衛門など、幕末まで続いた大久保一族ゆかりのお寺。大久保家の祖宇都宮歴代の墓塔や大久保家の遠祖供養塔が立っている。

〒444-0202 岡崎市宮地町寺北19
浄珠院

三河一向一揆に手を焼いた家康公は、浄珠院に本陣を置き、一揆制圧のため自ら指揮をとった。激しい戦の後、永禄7年(1564)2月になって一揆方から提案された和議がここ浄珠院で成立したことから、三河統一の基礎を固めるきっかけとなった歴史的に重要なお寺とされている。墓地に天文17年(1548)耳取縄手の戦いで討死した松平信孝の墓がある。

〒444-0201 岡崎市上和田町北屋敷55
ページトップ

岡崎歴史かたり人・おすすめコースのご紹介

甲斐(かい) 哲生(てつお)

KAI TETSUO

徳川家康公は数奇な運命に導かれ将軍になりました。家康公と同じ日に生まれた異母兄弟の話、徳川家と妖刀村正の関係、家康の大ピンチを救った鹿や鳩の逸話を混じえながら、家康公ゆかりの神社仏閣をご案内します。

コース名:北極星につながる子午線上に並ぶ寺社の謎を解く(龍海院⇒伊賀八幡宮⇒大樹寺)

所要時間:4時間・交通手段:バス・徒歩

行程

名鉄東岡崎駅~龍海院(是の字寺):松平清康が建立。本堂が北向きの理由~名鉄東岡崎駅~伊賀八幡宮(松平家 戦勝祈願の神社)~千人塚~西光寺(大樹寺の陣で亡くなった多くの僧侶を祀った大衆塚)~大樹寺(家康の遺言により徳川家歴代将軍の等身大の位牌が並ぶ)大樹寺で解散

尾﨑(おざき) みどり(みどり)

OZAKI MIDORI

岡崎市内には知られていないけど本当はスゴい史跡・名所がたくさんあります。ココだけの話…実は私、歴史が苦手なんです!でも、そんな私だからこそ出来る分かりやすさをモットーにご案内をさせていただきます (^o^) 丿

コース名:岡崎の「幕末」をめぐる
~家康だけじゃないんだぞ!~

所要時間:4時間・交通手段:バス

行程

岡崎公園 ~ 奥殿陣屋(資料室見学・お抹茶) ~ 旧本多忠次邸(見学) ~ ★ ~ 法蔵寺(見学:近藤勇首塚) ~ 道の駅藤川宿(買い物) ~ 岡崎公園
★お勧めランチ:平の食堂(岡崎魚市場内)+50分

小川(おがわ) 和穂(かずほ)

OGAWA KAZUHO

徳川家康のふるさと、岡崎をこよなく愛している私から、皆さまに見どころをお伝えします。
明日から皆さまも岡崎、家康ファンとなって、ご家族お友達と話題を共有できますよ。

コース名:三河譜代大名の発祥地を訪ねる

所要時間:3時間・交通手段:バス、タクシー、徒歩など

行程

北部:青山家、酒井左衛門尉・雅楽頭家、榊原家、本多忠勝家
南部:大久保家、高力家、土井家、本多重次家、本多広孝家、平岩家、渡邉家
西部:阿部家、安藤家、植村家、高木家、鳥居家
東部:板倉家

市川(いちかわ) 桂栄(か え)

ICHIKAWA KAE

岡崎城内・隠居曲輪で八丁味噌料理店を営む女将が、岡崎に残る家康公の足跡を、皆様の心に残るよう、丁寧に分かりやすくご案内致します。若き日の家康公に会いに、生誕の地・岡崎へどうぞお越しください。

コース名:岡崎城下 名所・名物どっぷりたっぷり満喫コース!

所要時間:3時間・交通手段:徒歩

行程

名鉄東岡崎駅~岡崎城下二十七曲「金のわらじ道標」を探そう!籠田公園(籠田惣門跡)-連尺町-本町-材木町-魚町-田町-板屋町-八帖町(松葉惣門跡) ~カクキュー八丁味噌(味噌蔵見学・三河ブランド鶏岡崎おうはん使用の八丁味噌ラーメンがお薦め)~ 岡崎公園にて岡崎城跡巡り-三河武士のやかた家康館(二の丸)~名鉄東岡崎駅

岩月(いわつき) (ひろし)

IWATSUKI HIROSHI

FP ライセンス保有。大手証券会社退職後、証券業協会を通じ、中部地区中心に講演会を数多く行う。岡崎かたり人育成。講座の成果を武器に観光客の皆様方へ家康公ゆかりの歴史・史跡・国宝的建造物などを時代絵巻物語でその歴史観をお届けしたい。

コース名:三河一向一揆の軌跡をめぐる

所要時間:3時間・交通手段:バス

行程

JR岡崎駅 ~ 土呂八幡宮 ~ 勝鬘寺 ~ 犬頭神社 ~妙源寺 ~JR岡崎駅

天野(あまの) 登士彦(としひこ)

AMANO TOSHIHIKO

私はかつて落武者と渾名されました。穢れた戦乱の世を 1 日でも早く終焉させ、人々が安心して住める浄土を創造すべく決意した家康公の志が、ここ岡崎にあります。史跡を巡る中で、青年元康の熱い息吹を感じてもらえれば幸いです。

コース名:松平親忠の願いと元康自立の軌跡を辿るコース

所要時間:4時間・交通手段:徒歩

行程

愛知環状鉄道 北野枡塚駅~北野廃寺~三鹿の渡し~足利尊氏石宝塔~大樹寺~西光寺~井田城址~愛知環状鉄道 北岡崎駅

小辻(こつじ) 裕子(ゆうこ)

KOTSUJI YUKO

家康公と三河武士が大好きです。

岡崎を訪れたお客様に、家康公が好きになっていただけるようなお話ができればと思っています。

ゲームやアニメ、武将隊などのサブカルチャーを絡めたガイドも可能です。

コース名:岡崎城のプリンセスロード

所要時間:3時間・交通手段:徒歩

行程

名鉄東岡崎駅 ~ 龍海院(真喜姫墓所) ~ 乙川河畔(酒井忠次屋敷推定地) ~ 岡崎城天守閣 ~ 岡崎城坂谷邸跡 ~ 三河武士の館家康館 ~ 図書館交流プラザ りぶら ~ 大林寺(波留姫墓所) ~ 地蔵院 ~ 浄瑠璃寺~ 浄瑠璃姫の墓 ~ 岡崎公園グラウンド ~ 岡崎公園多目的広場(本多忠勝屋敷推定地)~ 名鉄東岡崎駅

高須(たかす) 常行(つねゆき)

TAKASU TSUNEYUKI

愛知学院大学文学部歴史学科卒業。中世日本史専攻。近年歴史ブームになっているとはいえ、まだ敷居を高く思われがちです。ささやかな興味を大事に、歴史を楽しめるようになるきっかけを提供したいと思います。

コース名:鳥川のホタルと岡崎市東部の歴史に触れるナイトツアー

所要時間:4.5時間・交通手段:バス

行程

名鉄本宿駅 ~ 法蔵寺 ~ 天恩寺 ~ ホタル学校 ~ 名鉄本宿駅

長尾(ながお) しのぶ(しのぶ)

NAGAO SHINOBU

役者としてのスキルを生かし岡崎の歴史を面白おかしくドラマチックに語ります。カツゼツの良さと大きな声、そして元気いっぱいのキャラが売り!私と一緒に楽しい時間を過ごしましょう!岡崎が大好きになっちゃう事請け合いですよ。

コース名:悲恋の物語「浄瑠璃伝説」を語る

所要時間:2時間・交通手段:徒歩

行程

名鉄東岡崎駅~安心院成就院~浄瑠璃ヶ淵~浄瑠璃寺~浄瑠璃姫供養塔~名鉄東岡崎駅
プラス1時間で 浄瑠璃姫供養塔~誓願寺~名鉄矢作橋駅 追加も可能

三井(みつい) 節代(せつよ)

MITSUI SETSUYO

15 歳で小説徳川家康に魅され歴女ばく進中。家康公ゆかりの歴史遺産を巡り三河の心意気や人情を伝えたい。家康公検定初回より連続合格、OL40年、マナー講師、きもの着付師、調理師資格も持つ好奇心旺盛で美味とゆるやか時空間を愛す生粋の三河古娘。

コース名:広重の浮世絵 東海道三十七番目宿場町 藤川の宿 を歩こう

所要時間:3時間・交通手段:徒歩

行程

名鉄藤川駅 ~ 藤川の松並木(*季節により田んぼアート )~ 松尾芭蕉句碑▪十王堂▪西棒鼻~  藤川宿資料館 ~ 藤川宿本陣跡 ~ 東棒鼻 ~ 道の駅藤川宿 ( *産直▪ジューシーフランクフルト他)~ 名鉄藤川駅

五反田(ごたんだ) ともみ(ともみ)

GOTANDA TOMOMI

生まれも育ちも生粋の岡崎人です。豊かな自然に恵まれ、家康公に関する歴史遺産や、さまざまな伝統文化の残るこのまちが大好きです。

そして、私は、特にこどもたちに「岡崎の魅力」を伝えていきたいと思っています。

コース名:いわづ(岩津)と知れた、歴史かな・・・!?

所要時間:3時間・交通手段:徒歩

行程

岡崎市北部地域交流センターなごみん ~ 本多忠勝生誕地 ~ 旧足助街道 ~ 信光明寺 ~ 岩津城址 ~ 岩津第一号古墳 ~ 円福寺 ~ 岩津市民ホーム
*時間帯により、食事処&カフェタイムあり

加藤(かとう) 正一(まさかず)

KATO MASAKAZU
  • 旅程管理主任資格あり
  • English guide is available.

身長 181 センチ。運転免許証の条件は「眼鏡等」。

こんな私が徳川、松平氏の夢をつないだ物語りを楽しくご案内致します。海外からのゲストにも英語でのご案内、お世話を致します

コース名:家康公とその家族にまつわる悲話と秘話

所要時間:2.5時間・交通手段:徒歩

行程

岡崎市役所 — 若宮八幡宮 — 八柱神社 — 大泉寺 — 隋念寺 — 岡崎市役所

大島(おおしま) 光子(みつこ)

OSHIMA MITSUKO

地元の放送局、エフエム岡崎で開局からパーソナリティを務めています。

ツアーご参加の皆様と、楽しい時間を共有し、笑顔でお帰りいただけるよう、歴史と文化、そして街のトピックスもお伝えして参ります。

コース名:徳川家 祈りのライン(ビスタライン)をめぐる

所要時間:3時間・交通手段:バス

行程

名鉄東岡崎駅~岡崎公園・岡崎城(滞在約1時間)~大樹寺(滞在約1時間)~名鉄東岡崎駅

関戸(せきど) ますみ(ますみ)

SEKIDO MASUMI

徳川家康公生誕の地、三河武士発祥の地として、歴史と伝統を誇るわが街岡崎。ご縁があって岡崎にお越しいただいた皆様に、机上で学ぶ歴史だけではなく、「今、ここ!!」で感じて頂ける想いをお伝えしていきます。

コース名:岡崎南部、日本一訪ね歩き

所要時間:3.5時間・交通手段:徒歩

行程

JR岡崎駅西口〜福岡町渡邉鯉のぼり-今川畳店(両店で匠の技に触れ)〜土呂八幡宮-上地八幡宮(両神社共に、本殿は国の重要文化財)願成寺(日蓮聖人像)の神社仏閣を巡り〜ランパークにて、卵かけご飯のランチ〜JR岡崎駅西口
私たちがご案内します!
岡崎歴史かたり人一同
ページトップ

岡崎歴史かたり人のお申込について

ガイド料金

○別途かかる費用:
 行程内の移動にかかる経費
 案内に要する経費(入場料・飲食費等)
○原則14日前までにお申込ください

受入場所

※その他のご要望にもお応えします

お問い合わせ・お申込先

岡崎活性化本部
TEL : 0564-57-0200 FAX : 0564-57-0207
e-mail : info@okh21.org
岡崎歴史かたり人利用申込書
ページトップ